格闘技観戦旅行

世界の格闘技

ロシアで恐怖のシステマ観戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアには、スポーツ格闘技ではありませんが、システマという軍隊格闘術があります。近接戦闘を想定した非常に実践的な格闘術で、近年では護身術としても注目を集めています。

 システマは、スペツナズ出身で多数の特殊部隊の顧問を務め、ソビエト連邦の独裁者ヨシフ・スターリンのボディーガードとなったミハイル・リャブコが考案した格闘技術で、ミハイル・リャブコ自身が実践の中で積み上げたノウハウを元に構築されました。

 リラックスした構えからスピーディーで柔軟な動きの技を繰り出すのが特徴で、ナイフや拳銃に対する攻防技術も豊富に盛り込まれており、さまざまな状況での勝率の向上が研究されています。システマの戦闘スタイルの原則には、呼吸し続ける、移動し続ける、リラックスする、姿勢を真っ直ぐ保つ、といった4つがあります。

 90年代はじめにソビエト連邦が崩壊してから、謎に包まれていたロシアの戦闘技術が明らかになっていき、現在では、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、ドイツなどでも普及しています。
 近年では、白兵戦が行なわれなくなりましたが、テロの脅威などがあり、近接戦闘となる場合も想定した訓練がどこの国でも行なわれている場合が多く、ロシアのシステマもその一つです。ロシアでは、特殊部隊やロシア連邦保安庁など多くの機関で採用されています。

ロシアで格闘技観戦ができるスタジアム

ロシアで大規模な格闘技観戦ができるのがモスクワの「ルジニキ・スタジアム」です。ルジニキ・スタジアムでは、アイスホッケーやサッカーなどの国際試合も開かれるロシアを代表するスタジアムです。格闘技の大会としては過去に「新日本プロレス」の大会が開かれるなど、日本ともゆかりが深いところです。モスクワの中心部に近いので、観光地からも近く行きやすい立地です。Spartivnaya駅という地下鉄の駅から近いため、地下鉄で行くのが便利です。大きな格闘技イベントが開かれるときには、売店や多く出ていたりしてお祭りのような雰囲気になってくるため、とても楽しい感じです。


02
写真引用元:http://commons.wikimedia.org/wiki/File:South_Ossetia_war_58_army.jpg